営業時間

日・祝日の受付時間は午後5時から翌午前2時までとさせていただきます。



2018年6月26日AM1:00過ぎに、姫路において、代行中の単独事故が発生しました

2018/06/26/

  1. 発生場所は姫路市東駅前町、OPL東駅前②パーキング(テラッソ北)
  2. 運転者は運転代行業者、所属の運転手
  3. 被害はフロントバンパー全損
  4. 被害者は警察へ事故報告済み
  5. 事故報告並びに状況報告は以下に掲載します

  • 顧客車は「小型乗用車」
  • 駐車形態は「前向き駐車」
  • お客様は「大柄」
  • 代行ドライバーは車両状況の確認をせず(基本中の基本を行わず)
  • 全ての状況が事故を起こす要因です
    1. 小型乗用車の前席に、大人が二人も乗れば100㌔以上の重さが掛かり車体は沈みます
    2. 軽四の後部に乗る場合も同じです。
    3. 車止めから外れるまで、お客様を乗せないのは必須です
    4. 中型、大型乗用車においては、乗務前に車高の点検は必須です

  • 恐ろしいのは!事故後、代行ドライバーは、事故の責任は客にあると発言しています
  • もう一人のドライバー(随伴車担当)も利用客に対し上記ドライバーと共に、事故原因を「利用客」に転嫁しています
  • 「利用客」は状況判断から「警察」に「事故の届け出」をしています(正解です)
  • 代行ドライバーは「利用客が警察へ届け出をした」と利用客に対し攻撃的な発言をしています
  • 更に「センター要員」が現場にて、利用客に対し「利用客にも過失割合があるから」と発言しています
  • 最悪なのは、事故担当責任者が来ていながら、事故の被害者「利用客」の乗用車の搬送に対して「キャリーカー」を呼ばないことです
  • その代行業者は事故の被害者に「営業名刺」を渡し帰ったそうです

第22回通常総代会書面議決書

2018/06/19/


  • 第1号議案 平成29年度事業報告・決算報告及び平成29年度剰余金処分案承認について
    1. 決算報告及び剰余金処分案を承認
    2. 決算報告及び剰余金処分案反対
    • 私の反対理由です。
    • 「一般管理費」に計上されている「退職金」は誰にどれだけの金額が支払われたのか?またこれだけ高額な退職者の在籍記録が不明である
    • 「財産目録」にも「貸借対照表」そして「損益計算書」にも書かれていない、書かれているのは「一般管理費」への記載のみ。何故ですか?
    • 「一般管理費」に計上されている「退職金引当繰入額」の計上にあたり、職員の在籍記録が不明であり、どのような計算方法を用いているのかも、不明である。
    • 「退職金引当繰入額」の明細を記載するべきではないのか。
    • 「住民税納税証明書」でしょうか?「所得証明書」でしょうか?
    • 「役員退職金引当繰入額」はどのぐらい「組み戻し」されたのでしょうか?何処に計上されているのでしょうか?
    • 理事会開催にあたり毎回の個別経費
      1. 個別の交通費
      2. 個別の宿泊費
      3. 個別の人件費
      4. 当日の経費
      5. その他すべての経費
    • 同席した職員等の役割並びに費用
    • 全国規模の共済協同組合の理事者であるからには「公人」としての開示をすべきである
    • 以前の「総代会」で、FAX理事会・スカイプ理事会は「人件費」はOであると公表していますがいかがでしょうか?ただし、日当を貰うのは当然と発言した、元理事職職員は発表後直ぐに「打ち消し」ていたが現在は?


  • 第2号議案 平成30年度事業計画案・予算案承認について
    1. 原案に賛成
    2. 原案に反対
    • 私の反対理由です。
    • 調査・研究・開発費たくさん書かれていますが、明細並びに結果報告が無い。
    • 組合員の資産を使って行っているのであるからには、全てを明らかにし、逐次報告と経費の明細を開示すべき。
    • 福利厚生に関し、役員の家族の結婚に、組合の資産を使う必要性はない。役員同士のポケットマネーですべき。
    • 冠婚葬祭に関し、組合員も役員も総代も、全て同一にすべきである。
    • 外注事業者を明確にし、対費用効果を明文化し、透明性を持たせるべきである。


  • 第3号議案 受託自動車共済掛金前払制度への変更について
    1. 制度変更に賛成
    2. 制度変更に反対
    • 私の反対理由です。
    • 「前払い」は負債である。
    • 「決算書」でも「負債に計上」されるのではないでしょうか!!
    • 「共済掛金」の未払いを防ぐには「良い方法」かも知れませんが、あくまでも「負債」であることを忘れないでください。
    • 1億円の負債を抱えるよりも、
      1. 全組合員の「掛金」を「引き落とし」にする
      2. 毎月、事前通知(請求書の送付)をしているのだから、引き落とせない事業者は「契約解除」する
      3. 翌日振り込みを猶予とし、厳正に対処する


    1. 参考にしてください
    2. 熊本のH氏の口癖に”俺がよぉ、理事長になったら「一発で黒字にしてやる」簡単なことや!”
    3. ”「前払」にしたら1回で「1億」の黒字や”さらに”なんで今の執行部は気が付かんのやろ”
  • 第4号議案 共済規程変更について
    1. 変更賛成
    2. 変更反対


  • 第5号議案 受託自動車共済約款変更について
    1. 変更賛成
    2. 変更反対


  • 第6号議案 交通事故共済制度要綱変更について
    1. 変更賛成
    2. 変更反対


  • 第7号議案 選挙管理委員選任について
    1. 原案に賛成
    2. 原案に反対
    • 私の反対理由です。
    • 一昨年度、昨年度と「選挙」がらみの「トラブル」が多発しています。
    • 「選挙管理委員」は「全員」選び直すべきであり、全ての委員を「外部」の方々に刷新するべきです。
    • また、過去のトラブルなどの経緯も、理事者、総代の双方から「意見書」を提出させ、公平な判断の出来る「人選」をするべきではないでしょうか。
    • また、過去のように「事務局提出の名簿」等に一任せず、委員本人による確認をしていただくべきである。
    • 本年は「総代選挙の年」であり、本年1月1日付の組合員の監査が必要である。
    • 私個人が、事務局に開示請求した「組合員名簿」にも「多数の誤記」が記載されていた。
    • 本来は、本年1月1日付の「認定事業者」出なければ「正式な組合員」では無いはずで、認定されていない「事業者」は外すべきである。
    • また、「北海道地区」に至っては、認定番号さえ無茶苦茶であり、再度、修正された「組合員名簿」の開示請求を行っています。


  • 第8号議案 定款第13条(2)に基づく組合員の除名について
    1. 除名に賛成
    2. 除名に反対
    • 私の賛成理由並びに追加事項です。
    • 共済協同組合は加盟する事業者全てが「平等」に負担することにより成立しています。
    • ゆえに、最低限度の「ルール」を守らない事業者は「排除」すべきである。
    • 「出資金」並びに「掛金」は「必然」であり、組合加盟時に「契約」しているはずである。

    • 私の追加事項です。
    • 全国の都道府県担当部署及び公安委員会等による「行政処分」に記載されている「処分理由」に
      1. 法第12条に規定する損害賠償責任保険契約を締結していない随伴用自動車を使用し、運転代行業務を実施していた。
      2. 保険未加入の自家用車を随伴用自動車として使用し、営業を実施していたこと。
      3. 損害賠償責任保険(共済)契約が失効している随伴用自動車を用いて、運転代行業務が行われていた。
      4. その他、類似事項
    • 上記を犯した事業者も、過去に遡り「除名」すべきと提案します。
    • 上記のような事項を、公然と「広告」に掲載し、恰もその事業者以外の「共済加盟事業者は危険」であるがごときに宣伝している事業者がいる。
    • ゆえに、「共済掛金を払わない事業者」は「除名」すべきである。




全代協組合員の皆様へ

2018/06/13/

    • 今回の「総代会」に関しては、早くから千葉県の方から「情報の提供」が有りました。
      1. 「懇親会」を開催。
        • 肝心な「総代会」を短時間で終了させる。
        • 隣の会場に用意した「懇親会」を盛大に!
        • 以下は、私の意見です。
        • 全代協の「黒字化」は「組合員」へ「過酷な免責金」を押し付けた結果である。
        • それを、恰も「経営手腕」であるかのように「勘違い」している。
        • 「懇親会」を開催する費用があるのなら、将来に備えて「内部留保」に廻すか、或いは「配当」として「組合員へ還元」すべき!
        • また、昨年度の「利益」は、役員給与の増額と、「システム変更」へ。(1億円以上の費用をかけるそうです)
        • 調査・研究費も何千万円かけています。考えられません。どこに消えるのでしょうか?
        • 総代会資料によれば5名の理事が「新システムPT」を担当されています。
        • 考えられません。
        • どこに消えるのでしょうか?昔の儘です!
        • 数年前には「ドライバー保険」の調査研究費は、2,000万円でした。そういえばこの方は「夫婦」で全国旅行をされたそうです(熊本県Y氏談)
        • 「システム変更」に関しては、未だに「プロジェクトチーム」が設置されただけで「進展状況の報告はない。」
      2. 今回の総代会で「定款」「約款」「規約」を変更するみたい。
        • 全代協の「理事者の選出」方法は別記します。
        • 上記方法による選出に関わり、毎回トラブルになっている。
        • 今回は「現執行部体制」が継続しやすいように、「選出方法」の変更を模索しているのではないか?
        • 長野県・岩手県・福井県などの組合員(総代を含む)方々が全代協を?訴えています。
        • 対抗措置として、「立候補制」への変更を、行政に打診しているそうです。千葉県総代:談)
        • やるなら「組合員」による「総選挙」が妥当でしょう。
        • 開封したり、しなかったり
        • いきなり「投票用紙」が増えたり
        • 皆様、利権に命がけです。
      3. 6月11日、事務局長が千葉県の総代を訪問したそうです。
        • 6月11日と言えば、「総代会資料」の発送日です。
        • 東京、近県の方々でも、受取は翌日だと思います。
        • 事務局長の訪問理由は「総代会の打ち合わせ」だそうです。
        • 「総代会」をさっと終わらせて、あとの「懇親会」へ持ち込む算段をしたそうです。
        • 組合員の資産を使って、「総代会」を開く意義は何でしょう?
        • 不思議なのは、「議長」の選出は、総代会当日のはずです。
        • 事務局長が「総代会資料発送日」に一総代と「該当資料」を使って、「議事進行」の打ち合わせを行っていることです。
        • 「懇親㈱」開催をメインにするために「頑張る」そうです。
        • 私からの意見を伝えました。
        • すると、いつものように怒り出しました。
        • 「総代会」の目的は何でしょう?
      4. 「総代会」の目的を忘れてしまったのでしょうか?
        • いつも思うことですが、決算書を理解されている「総代」はいるのでしょうか?
        • 予算案を理解されている方はいるのでしょうか?
        • 多くの総代に聞きましたが、ほとんどの方が「見ることさえもしていない」のが現実です。
        • 「見てもわからん」という総代も多々おられます。
        • 今年は「総代選挙」の年です。組合員の権利を行使してください。

全代協組合員の皆様へ

2018/05/16/

  • まもなく全代協の「総代会」が開催されます。
  • 多分、6月24日 日曜日になるのではないかと思います。(過去の事例から推測)

  • 総代会の目的とは何でしょう?
    1. 組合員の皆様からお預かりした「共済掛金」が、「適正に使用」されたことの報告。
      1. 事業報告
      2. 決算報告
    2. 平成30年度の利益処分方法の審議と承認。
    3. 次年度(今現在の年度)の計画案の審議と承認。
      1. 平成31年度の事業計画案
      2. 平成31年度の予算案
    4. 定款、約款、規約の変更、並びに承認。
    5. その他。
  • 大体このようなことです。

  • 全代協の「総代会資料」には、
    1. 売上総利益
    2. 営業利益
    3. 経常利益
    4. 税引前当期純利益
    5. 当期純利益
  • が記載されています。
  • しかし、一切の「マイナス表示」が有りません。なぜか?
    1. 売上総損失
    2. 営業損失
    3. 経常損失
    4. 税引前当期純損失
    5. 当期純損失
  • と記載されています。なぜでしょう?
  • 「企業会計原則」の規定に従和なくてもいいのでしょうか?
  • 「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」に規定があるのかも知れませんが、全代協の資料を調べても、見つかりません。
  • これでは、経営の問題点がはっきりしません。
  • 当期利益が黒字でも、経常利益が赤字、もしくは、利益がぼとんど出ていない場合です。(例えです)
  • 「日掛け共済」や「分割契約」が認められなくなった時から
    • ○○代行1
    • ○○代行2
    • ○○代行3
  • というのが、一気に増殖しています。
  • 「日掛け共済」や「分割契約」が無くなった途端、「無保険代行」に走り、摘発されると「○○代行1」「○○代行2」などに「組織変更」される方も多く。
  • また、「法人経営」と「個人経営」の二刀流に変更される方も多々見られます。
  • 共済は「1認定1契約」が原則ですから。
  • 「組合員名簿の開示請求」をするとよく判ります。実質組合員数はどのぐらいでしょうか?
  • その他、「夫婦」「親子」「兄弟」などバージョンは多種多様です。

また、今総代会において「選挙管理委員会」の辞任が噂されています

2018/05/16/

どうよ

2018/04/02/

ごめんなさい。あと少しお待ちください<

2018/04/02/

  • ”振興機構の闇”掲載が遅れています。
  • 「ScanSnap ix500A」と「PK 513L」を使って、過去から現在までの「運転代行」に関する書類をデジタル化しています。
  • 此処数年間(特に平成23年度)以降の文書を検索できるようにデジタル化しています。
    1. 全代協に関するもの
    2. 公益財団法人「全国運転代行振興機構」に関するもの
    3. 「みどりの会」に関するもの
    4. 裁判に関するもの
    5. その他、法律等に関するもの
  • すべてをデジタル化しています。
  • その中には、今まで気が付かなかった”証拠”となる物が多数あります。
  • 昼は本の断裁とスキャン、夜は書類の分別スキャンをしています。
  • ”証拠”書類以外は廃棄していますが、証拠に関する「参考資料」「関連資料」の関連付けに手間取っています。
  • ”時効”になったものは民事へ
  • 組合員の資金ですから、皆様の組合員資格の期限が関係します。
  • 運転代行事業を辞められた方にも、組合員当時の”権利”が有ります。
断裁機 スキャナー


組合員はつんぼ桟敷
全国運転代行共済協同組合 組合員の権利
全国運転代行共済協同組合 総代の権利
公益財団法人 運転代行業振興機構

更新情報

企業と株主・投資家との対話を促進するための制度整備"
「企業等不祥事における第三者委員会ガイドライン」の策定にあたって"
交通事故被害者遺族の手記
手記 ~癒されぬ輪禍より~
もう一度会いたい
贖いの日々
政府インターネットテレビ
交通事故総合分析センター
事故目撃者探しサイト